横浜市保土ヶ谷区の内科・整形外科・緩和ケア・在宅医療 医療法人社団晃徳会 横山医院
横山医院Facebook
横浜市保土ヶ谷区の内科・整形外科・緩和ケア・在宅医療 医療法人社団晃徳会 横山医院twitter
横浜市保土ヶ谷区の内科・整形外科・緩和ケア・在宅医療 医療法人社団晃徳会 横山医院 電話番号

年末にスポーツの勉強会に参加してきました。

カテゴリー:横山医院ブログ|更新日時:2018年1月11日

12月17日、18日と2日間にわたり『神楽坂スポーツセミナー』に参加してきました。

今回のテーマは“野球選手の故障を見つめる”といった内容で野球のスポーツ障害・外傷だけで2日間、第一線で野球選手の診療をしている医師や理学療法士の先生、さらには某セ・リーグのトレーナーの方の話も聞いてきました。

横山医院 スポーツの勉強会

ここでスポーツ障害と外傷の違いについて簡単に説明させていただきます。

・スポーツ障害とはスポーツをやりすぎて起こるもの、いわゆる野球肩・野球肘など。

・スポーツ外傷とは捻挫や打撲などの怪我のこと。

それぞれ発生するメカニズムも違えば治療方針も違います。

 

 

投球動作は肩・肘だけでなく体幹や下半身も重要であり、全身のチェック・治療が必要とのことです。

またここでも超音波による診断・治療の話も出てきました。

当院でも超音波を駆使し、理学療法士の先生方と連携を図りスポーツ障害・外傷を治療しています。

 

2日間非常に勉強になり、これからの診療に役立てていこうと思います。

© 2015〜 横山医院 All Rights Reserved.|管理者ログイン