横浜市保土ヶ谷区の内科・整形外科・緩和ケア・在宅医療 医療法人社団晃徳会 横山医院
横山医院Facebook
横浜市保土ヶ谷区の内科・整形外科・緩和ケア・在宅医療 医療法人社団晃徳会 横山医院twitter
横浜市保土ヶ谷区の内科・整形外科・緩和ケア・在宅医療 医療法人社団晃徳会 横山医院 電話番号

整形外科

横山医院 一般整形外科横山医院 スポーツ整形外科横山医院 小児整形外科横山医院 骨折治療横山医院 骨粗鬆症外来横山医院 コモティブシンドローム横山医院 装具外来横山医院 交通事故・労災事故

 

一般整形外科

横山医院 整形外科 一般整形整形外科医の特徴は、怪我(捻挫・打撲・骨折・脱臼・切り傷・やけどなど)の治療、各関節の痛み・しびれの緩和、機能改善などです。

当院では日本整形外科学会が認定する整形外科専門医によって皆様の怪我・痛み・痺れ等を的確に診断し治療を行っています。なるべく皆様が理解していただけるよう丁寧に説明を心がけています。

当院ではお子様から成人、ご高齢者まで、あらゆる年齢層の患者様の診療をいたしますので、お気軽にご相談ください。

図のような症状のある方は、できるだけ早めに受診をして、悪化させないようにしましょう。

 

 

 

 

スポーツ整形外科

横山医院 整形外科 スポーツ整形スポーツ整形外科とは、スポーツを行う皆様の外傷・障害全般を治療する診療科です。

・「スポーツ外傷」は、スポーツ中、身体に1回の瞬間的な外力が加わっておこる不慮の怪我を言います。例えば打撲・骨折・脱臼・つき指・捻挫・切り傷・すり傷・靭帯損傷・腱断裂・肉ばなれなどの事をいいます。一般の外傷とは異なり、最終的には競技への復帰を考えながら治療します。当院には、リハビリテーション科もありますので、治療から復帰までを整形外科専門医、理学療法士がサポートしていきます。

 

横山医院 整形外科 スポーツ整形2・「スポーツ障害」は、スポーツ動作の繰り返しによって身体の特定部位(骨、筋肉、靱帯)が酷使されることによっておこるものを言います。また、スポーツ障害は別名「使い過ぎ症候群」とも呼ばれます。過度な練習などで起こることが多いですが、技術の未熟さや筋力、体力不足、柔軟性の低下などが原因のこともあります。例えば、野球肩、リトルリーガーショルダー、野球肘、テニス肘、ゴルフ肘、むちうち症、腰椎分離症・すべり症、腰椎椎間板炎、ランナー膝(腸脛靭帯炎)、オスグッド・シュラッター病、シンスプリント、アキレス腱炎、足底健膜炎、踵骨骨端症など様々あります。

 

小児整形外科

横山医院 整形外科 小児整形成長期にあるお子様を対象とした整形外科です。
成長過程にあることをよく念頭に置きながら治療にあたることが重要です。治療にあたっては、骨や筋肉、神経の発達を視野に入れ、小児特有の疾患を丁寧に治療し、後遺症などが残らないよう十分に配慮いたします。例えば、股関節痛(単純性股関節炎、ペルテス病、大腿骨頭すべり症)、O脚・X脚、腰痛(腰椎分離症、椎間板炎)、脊椎側弯症、肘内障、成長痛、オスグッド・シュラッター病など様々ありますが、上記以外でも、お子様の体で気になることがありましたらお気軽に御相談ください。また必要に応じて近隣病院への紹介も行います。

 

骨折治療外来

横山医院 整形外科 骨折外来

骨折治療は手術が必要な場合と、そうでない場合(保存的治療)があります。

それを決めるのは骨折型だけでなく、年齢や早期に社会復帰を希望されるか等、それぞれ状況は違います。皆様のご希望等ふまえたうえで、手術と保存的治療のメリットとデメリットを説明し、御納得のいく治療を提供します。

当院の院長は今まで数多くの骨折治療を行い手術も行ってまいりました。手術がどうしても必要な場合は速やかに近隣医療機関に紹介させていただきますが、そうでない場合はなるべく後遺症を残さないよう、積極的に理学療法士によるリハビリテーションを行います。

近年、LIPUS(Low Intensity Pulsed Ultra Sound:低出力超音波パルス)による刺激で骨折部位の骨形成を促進させる治療法が取り入れられています。治療期間の短縮や、骨が癒合しにくい時は効果を発揮します。当院でも、超音波骨折治療器による治療を受けることができます。詳しくは整形外科医師までご相談ください。

横山医院 超音波骨折治療器 アクセラスまた骨粗鬆症に伴う骨折の場合は、その後の再発予防が非常に重要です。

骨折治療と並行して骨粗鬆症検査を行い、必要であれば治療も行っていきます。

 

 

 

 

骨粗鬆症外来

横山医院 整形外科 骨粗鬆症外来

骨粗しょう症は、老化などが原因となって骨の量が減少し、骨がスカスカになり、もろくなって骨折リスクが高くなってしまう疾患です。骨粗しょう症は、高齢の女性を中心に、年々増加の一途をたどっています。患者さんは約1,280万人いると言われます。50歳前後から骨量は急激に減少し始め、70歳以上になると2人に1人が骨粗しょう症になっていると言われます。ですので、50歳になる前に一度は骨粗しょう症の精密検査を受けるよう、お勧めします。骨粗鬆症が発症すると、背骨が体の重みでつぶれたり、背中が曲がったり、変形による圧迫骨折をきたしたり、ちょっとした転倒で骨折してしまう状態になってしまいます。「骨折・転倒」は要介護・寝たきりになる主な原因となっていますので注意が必要です。

当院では骨粗鬆症の診断に、骨密度の測定、X線検査(手の骨)、血液検査、身長測定などが行われます。検査の結果骨粗鬆症と診断された場合は、食事療法や運動療法に併せて薬物療法を開始します。骨の吸収を抑える「骨吸収抑制剤」、骨の形成(新しい骨をつくる)を助ける「骨形成促進剤」、骨の栄養素である各種ビタミン(D、K)剤などがあります。また、腰や背中などに痛みがある場合は、痛みをとる薬も用いられます。どんな薬を選び、いつから治療を開始するかについては、皆様の年齢や症状の進み具合などを考え合わせながら、医師が判断します。

また骨は、運動をして負荷をかけることで増え、より丈夫になります。さらに、筋肉を鍛えることで体をしっかり支えられるようになったり、バランス感覚が良くなったりし、ふらつきが少なくなって転倒防止にもつながるため、運動療法は骨粗しょう症の治療に欠かせません。当院では理学療法士と連携し筋力トレーニング、転倒予防など運動療法を行う事ができます。お気軽に御相談下さい。

 

ロコモティブシンドローム

当院では、ロコモティブシンドロームの検査・診断を行い実際にロコモティブシンドロームと診断された方に、筋力トレーニング、歩行訓練、転倒予防指導などを行っております。ロコモの可能性が疑われる方、また将来に向けてロコモが心配な方は、お気軽にご相談ください。

運動器の障害のために移動機能の低下を来たした状態を「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)と言います。骨粗しょう症や変形性膝関節症などの骨や関節の病気、「サルコペニア」と呼ばれる筋肉の減少などのために、体を動かす機能が低下した状態を言います。高齢の女性に多いのですが、早い人では50代からロコモの可能性が生じてきます。ロコモの予防のために、医師と相談しながら、筋力や骨を強くする運動、リハビリを続けましょう。

“健康寿命”とは、「健康上の問題が無い状態で日常生活を送れる期間」のことです。現在、平均寿命から健康寿命を引くと、男性は約9年、女性は約12年となっています。自立度の低下や寝たきり、つまり要支援・要介護状態は、健康寿命の最大の敵です。そしてその要因の第1位は「運動器の障害」です。要介護や寝たきりは、本人だけでなく、家族など周囲の人にとっても問題になります。大切な家族や友人らのためにも、運動器の健康を維持しましょう。

ロコモをチェックしてみましょう

⊡ 片脚立ちでは靴下が履けなくなった

⊡ 家の中でつまずいたり滑ったりする

⊡ 階段を上るのに手すりが必要だ

⊡ 家のやや重い仕事が困難だ(掃除機の使用や、布団の上げ下ろしなど)

⊡ 2kg程度の買い物をして持ち帰るのが困難だ(1Lの牛乳パック2個程度)

⊡ 15分くらい続けて歩くことができない

⊡ 横断歩道を青信号の間に渡り切ることができない

 

上表の項目はすべて、骨や関節、筋肉などの運動器が衰えているサインです。
1つでも当てはまればロコモの可能性があります。「該当数ゼロ」を目指してロコトレ(ロコモーショントレーニング)を始めましょう。

ロコトレの行い方

ロコモにはいろいろなレベルがあり、十分に歩ける人と、よく歩けない人では、ロコトレの行い方も違ってきます。まず「片脚立ち」と「スクワット」から始めてみましょう。

【片脚立ち】

左右1分間ずつ、1日3回行いましょう。

*ポイント1:姿勢をまっすぐにしましょう。
*ポイント2:支えが必要な人は、転倒に十分注意し、机に手や指をついて行いましょう(指をついただけでもできる方は、机に指先をつけて行います)。
※床につかない程度に片脚を上げ、転倒しないように、必ずつかまるものがある場所で行ってください。

【スクワット】

深呼吸をするペースで5~6回繰り返します。1日3回が目安です。

①足を肩幅より少し広めに開いて立ち、つま先は30度くらい開きます。

②膝がつま先より前に出ないように、また膝が足の人差し指の方向に向くように注意しながら、おしりを後ろに引くように体をしずめます。

③スクワットができない時は、椅子に腰掛け、机に手をついて、立ち座りの動作を繰り返します。

*ポイント1:動作の最中は、息を止めないようにします。
*ポイント2:膝に負担がかかり過ぎないよう、膝は90度以上曲げないで行います。
*ポイント3:太ももの前や後ろの筋肉にしっかり力が入るように意識しながら、ゆっくり行います。
*ポイント4:支えが必要な人は、転倒に十分注意し、机に手をついて行います。

ロコモアドバイスドクターとは?

ロコモティブシンドロームの正しい知識と予防意識の啓発のための活動を行なっている日本整形外科学会所属の専門医のことです。当院の院長はロコモアドバイスドクターです。

https://locomo-joa.jp/locomo/

 

装具外来

患者様が健康で快適な毎日を過ごすため、当クリニックでは医師の診断のもと、国家資格をもつ義肢装具士が採型・採寸を行い個々の患者様に合わせた最適な装具(コルセットや靴の中敷き)などをオーダーメイドで作成いたします。

装具外来の診療時間

金曜日の10時から予約制となっております

装具の具体例

  • 頸椎固定装具(頸椎症、むちうちなど)
  • 胸・腰椎コルセット(腰椎椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、腰椎圧迫骨折、胸椎圧迫骨折など)
  • 靴の中敷き(変形性膝関節症、踵骨骨折後、中足骨骨折後、シンスプリント、うおのめ、踵骨棘痛、足底腱膜炎)
  • 外反母趾装具、整形靴(外反母趾)
  • 義肢(義足や義手)

*装具はすべて健康保険が適用されますが、病院の治療費とは別扱いになりますので、完成した後、装具製作会社に一旦全額お支払いしていただく必要がございます。
お支払い後、ご加入の健康保険への申請により規定の割合で返金されます。

装具外来の流れ

1)診察(整形外科専門医による診察)
・問診、触診、レントゲン検査などで診断
・装具の適用を判断し処方
2)義肢装具士による採型・採寸
3)装具の作成
4)装具のお渡し・微調整
・採型・採寸から1週間以内にもう一度来院していただき、完成した装具を
装着していただきます。痛みや装着感などを確認しながら微調整いたします。
5)適合・チェック
・装具装着後、医師のチェックを受けます。診断書及び装具領収書をうけとります。後日ご加入の健康保険へお手続きをし、還付金を受領してください。

 

御不明な点がございましたらお気軽に御連絡ください。

 

交通事故/労災事故外来

横山医院 整形外科 交通事故

交通事故に関して

当院では自賠責保険を扱っており怪我の治療を行う事ができます。
交通事故による怪我の場合、事故直後は症状が出なかったとしても、数日経ってから急な痛みや、痺れになどに悩まされることがあります。
レントゲン検査などで的確な診断を行い、痛み・症状にあわせた治療が必要です。
当院では、症状が長引かないよう薬だけの治療だけでなく、物理療法、さらには理学療法士による運動療法等も積極的に行っていきます。
以前と比べて何か身体の調子がおかしい、痛いところがある、吐き気やめまいがするようになったという方は、お気軽に御相談下さい。

交通事故の主な症状

❏ 頭痛、めまい、吐き気
❏ 手足のしびれ
❏ 首・肩・腰の痛み
❏ 眠りが浅い、集中力が続かない 等

放っておくと、事故が原因で様々な二次的障害が出てくる可能性もありますの」で、事故後痛みがなくてもすぐに専門医のいる医療機関に受診することをおすすめします。

交通事故の流れ

1、加害者の確認

まず相手の方の、免許諸、車検証を確認し、名前、住所、連絡先を記録しましょう。できれば保険会社、勤務先なども控えておけば良いでしょう。

2、警察へ連絡する

事故直後に、必ず警察に事故の連絡をしましょう。
事故直後は、痛みなどの症状が出現していないことが多いですが、事故の届け出をしてください。
※事故後に警察への報告がないと自動車保険(自賠責保険・任意保健)を請求する時に必要な“交通事故証明書”の交付が受けられなくなります。

3、保険会社への連絡

ご自身が加入されている保険会社へ連絡し、今後の対応についてアドバイスを受けてください。基本的に治療費の支払いは事故の相手の保険会社が対応し、患者さんは毎回の治療を、費用の負担なく受けられます。

4、当院への受診

警察の届け出を行った後、何らかの症状があれば当院に受診して下さい。受診の際に、保険会社へ“横山医院”へ通院する旨をれんらくしてください。
保険会社から当院に連絡が入り次第、治療費等の請求を保険会社に行います。

 

 

労災事故

労災保険とは

労災保険は、労働者の通勤を含む業務上の負傷や疾病に対して補償される保険で労働基準監督署が担当します。横山医院は労災保険指定医療機関に指定されており、労災保険では自己負担が発生しません。

労災保険を使用するには、労災申請を会社の労災担当者や契約している社会保険労務士に行ってもらう必要がありますが、自分で行う場合は、労働基準監督署にて労災の書類を取り寄せ事業主の押印と労働保険番号の記入が必要となります。

労災保険の書類

横山医院でも、労災保険では下記の書類「現認証」を提出して頂く必要がありますのでご注意ください。

5号様式    : 初めて医療機関にかかる場合
6号様式    : 転居や手術等で別の医療機関にかかる場合
16号様式の3 : 通勤災害
16号様式の4 : 通勤災害で別の医療機関にかかる場合

労災の書類が全て揃わない内に当院へ受診された場合一時的に立替払いとして実費負担(10割負担)となりますが、書類の準備が整い次第、再精算にて差額分を返金させて頂きます。

※差額分の返金の際は、領収書が必要になりますのでご注意ください。

© 2015〜 横山医院 All Rights Reserved.|管理者ログイン