横浜市保土ヶ谷区の内科・整形外科・緩和ケア・在宅医療 医療法人社団晃徳会 横山医院
横山医院Facebook
横浜市保土ヶ谷区の内科・整形外科・緩和ケア・在宅医療 医療法人社団晃徳会 横山医院twitter
横浜市保土ヶ谷区の内科・整形外科・緩和ケア・在宅医療 医療法人社団晃徳会 横山医院 電話番号

腫瘍内科・緩和ケア内科について

腫瘍内科※1や緩和ケア内科※2の経験を活かし、苦痛を和らげることはもちろんのこと、大きな病気の中で「これからどう過ごしていくか?」を相談する『意思決定支援』にも力をいれています。そのためには、その人をより知る必要性があります。よって、どんな時期でも関われるように訪問診療だけでなく外来も行います。どんな時期からでも、病院の医療とともにおこないますのでいつでもこ相談ください。

※1腫瘍内科:様々ながんに対して抗がん剤を中心にした治療を行います。
※2緩和ケア内科:がんをはじめとした大きな病気によって生じる様々な苦痛を和らげます。

 

腫瘍内科・緩和ケア内科 診療時間

腫瘍内科・緩和ケア内科 診療時間

訪問診療の流れ

腫瘍内科・緩和ケア内科 診療の流れ

外来について

腫瘍内科・緩和ケア内科 外来について

 

医師の紹介

横山医院 ドクター 横山 太郎横山太郎

私は、腫瘍内科医として抗がん剤の治験や臨床試験を行う中で「病気を抱える中で、これからどうするのか?」に関わる『意思決定支援』が大事だと感じました。 よって、横浜市立市民病院緩和ケア内科では、終末期からではなく診断時から関わる「早期からの緩和ケア」を行い、厚生労働省科学研究班の中でマニュアル作成にも携わりました。 そのような中で、医療者のみで意思決定支援をすることは、価値観の多様化から質的にも、超高齢社会から量的にも困難と判断し、「非医療者も含めた様々な人が意思決定支援を行う体制」を作ることが必要だと感じ、社会活動も開始しています。
誰もが「これでいいのだ」と自信を持って意思決定できる社会を目指したいと思います。

 

横山医院以外の役職

神奈川の地域医療を考える会 幹事

死の臨床研究会 関東甲信越支部 役員

Co-Minkan普及実行委員会 共同代表

indicocrea 代表理事 

略歴

埼玉医科大学国際医療センター内科 助教            

埼玉医科大学国際医療センター腫瘍内科 助教  

横浜市立市民病院 緩和ケア内科 副医長

2018年〜横山医院 緩和ケア内科・腫瘍内科開設、育生会横浜病院でも勤務

 

≫横山医院 医師・スタッフの紹介はコチラ

© 2015〜 横山医院 All Rights Reserved.|管理者ログイン