横浜市保土ヶ谷区の内科・整形外科・緩和ケア・在宅医療 医療法人社団晃徳会 横山医院
横山医院Facebook
横浜市保土ヶ谷区の内科・整形外科・緩和ケア・在宅医療 医療法人社団晃徳会 横山医院twitter
横浜市保土ヶ谷区の内科・整形外科・緩和ケア・在宅医療 医療法人社団晃徳会 横山医院 電話番号

“元気なうちから寝たきり予防、ロコモティブシンドローム” 勉強会を開催しました

カテゴリー:横山医院ブログ|更新日時:2018年3月29日

横山医院 整形外科 横山 正です。 2月末に、ご縁があって明神台団地のひだまりサロンで勉強会を開催しました。 題名は“元気なうちから寝たきり予防、ロコモティブシンドローム”です。   みなさんロコモティブシンドロームは聞いたことがあるでしょうか?? 運動器症候群と日本語訳されます。運動器の疾患によって移動能力が低下し最終的に寝たきりになってしまう状態のことです。   寝たきり(要支援・要介護)の大きな原因の一つである、運動器(体を動かす臓器、例えば骨・関節・神経・筋肉など)の疾患について予防から治療まで簡単な勉強会を市民向けに行いました。 大事なのは適切な運動習慣・栄養摂取・日常生活です。また…

絵本作家と対談します

カテゴリー:横山医院ブログ|更新日時:2018年3月24日

2018年4月から、2019年3月までの1年間。 毎月、絵本作家がお父さん達と対談します。 シゴトの話、イクジの話、時々フウフの話。 ただただ、お父さん達の話を聞くだけの日。 そんな日が、月に1回あっても良いでしょ。 絵本作家が今、とにかく話を聞いてみたい。 そんな12人のお父さんに声を掛けました。 12人のお父さん達を集めるために、結果 12人のお父さんにしか声をかけてない(笑) 皆さん本当に快く引き受けてくれました‼‼ そして、絵本作家 保科琢音が対談して頂く… 12人のイクメンじゃなく(笑)イケメンお父さん達が… コチラ‼‼ ーーーーーーーーーーーーー…

3月23日朝日新聞に掲載されました

カテゴリー:横山医院ブログ|更新日時:2018年3月23日

「超高齢社会について中高生と学ぶ緩和ケア医 」として、3月23日の朝日新聞に掲載されました。 お是非ご覧ください。  

2月18日勉強会に参加してきました。

カテゴリー:横山医院ブログ|更新日時:

横山医院 整形外科 横山正です 2月18日勉強会に参加してきました。 今回の勉強会は“四肢の痛み・しびれに対する超音波ガイド下ハイドロリリース最前線” ここ最近ハイドロリリースって言葉を耳にする機会が増えてきていますが、原理など、いまだわかっていないこともたくさんあります。 今回の勉強会では、その病態生理から治療法まで、第一線で超音波を駆使して診療をおこなっている先生たちが講義をしていただきました。 非常に勉強になり明日からの診療に生かせそうな情報を得ることもできました。 肩こり、五十肩、腰痛、ひざ痛・・・ありとあらゆる痛みに超音波は有用と考えます。 これからも患者さんの痛みを少しでも改善できるように日々努力をし…

Co-Minkan活動が掲載されました

カテゴリー:横山医院ブログ|更新日時:2018年3月13日

みなさん。こんにちは。 緩和ケア内科・腫瘍内科の横山太郎です。 開業して3ヶ月がたちました。 今まで多くの時間を病院で過ごしていた自分としましては、 訪問診療をはじめ、訪問看護のかたや訪問介護のかた、ケアマネージャーのかたとの関わりが 濃厚になり、日々勉強の毎日です。 そして、日頃考えている市民と一緒に行う意思決定支援がなお一層大事だと感じている日々でもあります。 このたび「訪問看護と介護」にCo-Minkan活動が掲載されました。 是非、お手にとってもらえたら幸いです。    

ついに!!

カテゴリー:横山医院ブログ|更新日時:2018年2月27日

横山医院に新しい超音波(エコー)がやってまいりました! コニカミノルタのHS-1   5年前から外来診療でエコーを使い始め今まで様々な機会を使ってきましたが、 ここまで使いやすく、画像解析度の高いエコーは初めてです。 今まで見えなかったものが見える喜びは格別です。   整形外科診療においてエコーは必須のものと考えています。 足首の捻挫・・・靭帯はたくさんありどこの靭帯をどの程度痛めているのかで治療方針と期間が異なってきます。またレントゲンでも見えない骨折が結構な確率であります。レントゲンだけではわからなかったことが超音波で分かるようになってきました。 肩こり・・・内臓が原因であることを除けば、…

メディア掲載のおしらせ

カテゴリー:横山医院ブログ|更新日時:

みなさん、こんにちは。 医療系のインターネットサイトに活動が掲載されました。 自分の経歴や、医師以外にさまざまな社会活動を行うのはなぜかを語りました。 読んでもらえたら嬉しいです!!! (全文読むのには、会員登録が必要です。) https://www.dtod.ne.jp/my_style/

看板を入れ替えました。

カテゴリー:横山医院ブログ|更新日時:2018年2月11日

みなさん、こんにちは。 横山医院入り口の看板を新しくしました。 取り外し中。 付け替え完了。 在宅医療を強化するため、緩和ケア内科・腫瘍内科を開設したからです。 特徴は、訪問診療だけでなく、外来を行なっている点です。 訪問診療とは、通院ができなくなった患者さんに開始されるのですが、 通院できなくなるような悪い状態になってからでなく、通院できる状態から関わりたいと感じているからです。 訪問診療だけでなく外来を行うことにした経緯は、横浜市立市民病院の緩和ケア内科時代に、 外来通院を行うと、そのかたの歴史を知ることができ、より良い医療が提供できると痛感したからです。 そして、内科や整形外科で通院中の患者さんや、 65年…

職員一同で恵方巻きを食べました

カテゴリー:横山医院ブログ|更新日時:2018年2月4日

クリニックの職員一同で恵方巻きを食べ、健康を願いました! 横浜、保土ケ谷地区の病気や怪我に関しては、しっかり医療を提供してよくしていきたいと思います。 そのために、横山医院では楽しく働く仲間を募集しています!!! ただし、入社試験があります。 以下の問題は過去問ですw 問1 院長は誰でしょう? 問2 写真は横山医院で働く兄弟ですが、長男は誰でしょう? (答え) ⬇︎ 左から 緩和ケア内科・腫瘍内科 横山太郎 長男 整形外科 横山正 次男 院長 リハビリテーション科 横山武生 三男 次回は撮影許可がおりなかった兄弟以外の職員についてご紹介します!!

AERAに紹介されました

カテゴリー:横山医院ブログ|更新日時:2018年1月30日

1月から勤務している横山太郎医師の活動がAERAに紹介されました。 内容は、今年で4年目の『10年後の未来を考えるプロジェクト』という中高生に医療の現場を体験してもらい、明日から自分たちができることを考え、実行するという社会教育事業です。 これからの地域の医師は、目の前の患者さんを診ることはもちろんのこと、地域をよくすることも仕事だと考えています。 企業に企業の社会的責任(CSR)があるように、個人にも社会的責任があってしかるべきだと考えています。 そして、個人の社会的責任について共に考えるきっかけを作ることがクリニックの社会的責任だと考え、このような活動をしています。 詳しくはHPをごらんください。 http:…

© 2015〜 横山医院 All Rights Reserved.|管理者ログイン