横山医院

ご予約・お問合せ
045-331-3296

横山医院

MENU

リハビリテーション科

Rehabilitation

ブログ

病気について

web予約

リハビリテーション科rehabilitation

当院のリハビリテーション

リハビリテーション

リハビリテーションとは、病気やケガ、あるいは事故などの原因により身体に痛みが生じたり、今まで通りの日常生活を過ごしたりすることが困難になった方々に対して、本来の身体の状態や生活を取り戻すために行うものです。

当院には国家資格を有したリハビリテーションの専門家である理学療法士や作業療法士が多数在籍しており、各々の専門分野に応じてさまざまな痛みや機能低下に対して個別でのリハビリテーションを行っております。

また、当院のリハビリテーション科には「外来運動器リハビリテーション」「通所リハビリテーション」「訪問リハビリテーション」があり、一時的な機能低下から介護が必要な生活期まで幅広く対応しております。

外来運動器リハビリテーション(医療保険対応)

運動療法

理学療法士や作業療法士の介入により、関節の可動域を広げたり筋力トレーニングを行ったりすることで身体機能の改善を図っていきます。
また、ご自宅での運動メニューもご指導させていただくことで疼痛や機能低下の再発防止を目指していきます。当院には身体各所さまざまに精通したリハビリスタッフが揃っておりますので、気になったことがありましたらお気軽にご相談ください。

リハビリテーション
リハビリテーション
リハビリテーション
対象となる主な症状
  • 首の痛み
  • 肩の痛み
  • 肩が挙がらない
  • 手足がしびれる
  • 腰の痛み
  • 膝の痛み
  • 足の痛み
  • うまく歩けない
  • 骨折後のリハビリテーション
  • 手術後のリハビリテーション
  • 姿勢が悪くて凝りや疲労がたまる
  • スポーツに早く復帰したい など
実施日時
診療時間
09:00 - 12:00
15:00 - 18:00
物理療法

各種機器を用いて、主に筋緊張や疼痛の緩和を図るものです。
ただ、場合によっては各種機器がご利用できないこともございますのでご了承ください。

  • ペースメーカーを埋め込んでいる場合
  • 体内に金属が入っている場合(人工関節、ステントなど)
  • 悪性腫瘍がある方
  • 妊娠中の方
  • 炎症が強いとき など
当院のリハビリ機器・物理療法機器
ハイボルテージ

ハイボルテージ

高電圧の刺激を深部に浸透させ、痛みの軽減や治癒促進を図るものです。あらかじめセットされた多彩なプログラムを選択することで、個々の患者さんの症状に合わせた治療を行えます。首や肩、腰や膝などの痛みがある方などが多くご利用されています。場合によっては筋肉の活性化のために用いることもあります。

超音波治療器

超音波治療器

身体の深部で高速度の振動を生じさせることで、傷ついた組織の修復を早めたり、血流を改善したりする効果があります。また、当院の超音波治療器では、高電圧刺激と同時に超音波治療を行えます。そうすることで、疼痛の緩和や組織の修復効果を高める効果がさらに期待できます。

パワープレート

パワープレート

振動するプレートに乗って、30秒~1分の短時間でエクササイズを行う機械です。高振動の機械に乗ってエクササイズを行うことで、関節可動域の拡大、コアを中心とした筋力トレーニング効果、痛みの緩和にも期待できます。部分的な強化にも適していますので、スポーツにおけるパフォーマンス向上のためにも効果的なエクササイズを行うことができます。

超音波骨折治療器

超音波骨折治療器

骨折は通常、数週間~3ヵ月程度で治る場合がほとんどですが、なかにはなかなか治らずに骨がくっつかないこともあります。そのような場合に超音波骨折治療器を用いることで、骨癒合を促す効果があるとされています。また、骨癒合の日数を短縮する効果も期待できると言われており、スポーツへの早期復帰を目指す方にも用いられています。

ニューステップ

ニューステップ

低負荷・長時間の全身運動から、高負荷での短時間運動まで対応した設計で、全身の有酸素運動と無酸素運動が極めて安全に行える訓練器です。回転式のシートで容易に乗り降りができ、安定した楽な姿勢で運動ができます。

フォームソティックス・メディカル

フォームソティックス・メディカル

フォームソティックス・メディカルとは足底板療法の1つで、足の矯正により根本原因にアプローチできます。他のインソールと比べて軽量で、足の痛みや姿勢の改善、スポーツにおけるパフォーマンスの向上に効果的です。ご興味のある方は、担当リハビリスタッフまでお気軽にご相談ください。

腰椎・頚椎けん引機

腰椎・頚椎けん引機

骨と骨の間隔がせまくなっている場合や、神経が圧迫されている場合に、除圧や痛みの緩和のために使用します。

マイクロ

マイクロ

身体の深部まで温熱作用が伝わり、筋肉のコリをほぐしたり血行を良くしたりすることで痛みを和らげます。

ウォーターベッド

ウォーターベッド

水圧刺激によるマッサージで、筋肉のコリ改善、リラクゼーション作用などの効果が得られます。

干渉波

干渉波

低い周波数の電気刺激を加えることにより、筋肉のコリをほぐしたり、さまざまな痛みを和らげたりします。

メドマー

メドマー

末梢から心臓に向かう血液やリンパの流れを促し、筋肉疲労やむくみの改善、静脈瘤のケアなどを行います。

ホットパック

ホットパック

皮膚を介して身体を温める効果があります。体表の血流を改善する、痛みを和らげるなどの効果があります。

※注意事項

  • 外来運動器リハビリテーションは予約制です。治療時間は必要に応じて1単位(20分)または2単位(40分)で対応させていただいております。
  • 物理療法は予約制ではございませんので、ご都合の良い日時にお越しください。
  • 予約の変更及びキャンセルにつきましては電話にて受け付けておりますが、他の患者さんとの兼ね合いもございますので、できるだけ早期にご連絡をお願いします。
  • 診療時間間際にご来院されますと混雑している場合が多く、長い時間お待たせしてしまう可能性がございますので、お時間には余裕をもってお越しください。

通所リハビリテーション(介護保険)

通所リハビリテーションとは

通所リハビリテーションとは、介護保険を利用した60~80分の通所型サービスです。当院の通所リハビリテーションでは、理学療法士や作業療法士がそれぞれの利用者様に合った個別のリハビリテーションを、医師と連携しながら計画的に実施いたします。

実施日時
診療時間
13:30 - 14:50
ご利用可能な利用者様
  • 要介護認定(要介護・要支援)を受けられている方
  • 日常生活動作がおおむね自立されている方
  • ご自身またはご家族で送迎できる方
主なご利用者様
リハビリテーション
  • 介護保険を利用したリハビリをうけたい
  • 医療保険でのリハビリ期限のため、医療保険でのリハビリが受けられなくなった
  • 食事や入浴、レクリエーションなどは不要でリハビリだけを行いたい
  • 長時間利用すると時間の都合があわない
  • 国家資格を持ったリハビリスタッフの個別訓練を受けたい
通所リハビリの主な流れ
1.
体温・血圧・脈拍・血中酸素濃度の測定と体調の確認
2.
全身運動や脳トレを兼ねた集団体操(約20分)
3.
理学療法士による個別リハビリ(15~20分)
4.
自主トレーニング・物理療法(10~20分)
5.
クールダウンとバイタル(血圧等)チェック

訪問リハビリテーション(介護保険)

訪問リハビリテーションとは

当院への通院が困難で、外来運動器リハビリや通所リハビリがご利用できない場合、介護保険を利用してご自宅でリハビリが受けられます。当院の医師及び担当リハビリスタッフが利用者様と話し合ったうえで目標を定め、お体のご状態に合わせて皆様に合ったオーダーメードのリハビリプランを作成し、目標に向かいサポートさせていただきます。

実施日時
診療時間
09:00 - 18:00
ご利用可能な利用者様
  • 退院後、在宅での生活に不安がある方
  • 自宅での動作を改善したい方
  • 介護の負担を減らしたい方
  • 通院は困難だが、専門家のリハビリを受けたい方
主なご利用者様
リハビリテーション
  • 通院が大変だが、リハビリを受けたい
  • 生活の中で出来なくなったことがあり困っている
  • 家の環境が住みにくい、住宅改修の助言がほしい
  • 介助の仕方を教えて欲しい
  • 外出することが難しくなった
訪問リハビリの主な流れ
1.
ご自宅に訪問
2.
体温・血圧・脈拍・血中酸素濃度の測定と体調の確認
3.
理学療法士による個別リハビリ(40分)
4.
福祉機器の導入や住宅改修の相談、ご家族に対する介護方法の指導

介護保険サービスのご利用案内

ケアマネージャー様へ

当院の通所リハビリテーションは見学可能です。ご利用をご希望される利用者様がいらっしゃいましたら、一度ご見学をされるとよいかと思いますので、介護保険担当者までお気軽にご連絡ください。

ご利用までの主な流れ
1.
当院へお問い合わせ
2.
ご見学についての確認
3.
介護保険サービスのご利用の申し込み
4.
医師による診療
5.
担当者会議実施
6.
介護保険サービスのご利用開始
担当者連絡先

通所リハ担当者:横山 麻希
訪問リハ担当者:横山 武生
TEL:045-331-3296
FAX:045-331-3394

ご利用時 必要書類
  • フェイスシート
  • 各種保険情報(介護保険書、負担割合書など)
  • 情報提供書(他院主治医の場合)
  • サマリー(退院・退所時)
pagetop