ご予約・お問合せ
045-331-3296
MENU

医院ブログ

Blog

ブログ

病気について

スタッフブログ

web予約

へバーデン結節

【概要】

へバーデン結節とは、指のDIP関節と呼ばれる末梢の関節が変形してしまうものをいいます。関節の摩耗や骨棘の形成などがみられ、更年期以降の女性に多くみられます。男性でみられないわけではありませんが、女性と比べると割合も少なく、痛みや変形の程度などの症状が軽度であることが多いとされています。

 

へバーデン結節

 

【原因】

はっきりとした原因はわかっていませんが、1つは指の使いすぎが挙げられます。また、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの減少も関わっているということも言われています。更年期以降の女性に多くみられるといったことも、エストロゲンの減少がへバーデン結節に関与しているためであると推測されています。

 

【症状】

指の末梢関節に腫れや痛みを生じるようになり、痛みがひどくなると箸を持ったり食器を洗ったりするときに痛むこともあります。慢性的な経過をたどることが多いですが、一定期間を経ると痛みは自然と落ち着いてくることが多いとされています。

 

食器を洗っている女性

 

【診断】

DIP関節の腫れや痛みなどの症状からへバーデン結節の疑いがある場合は、レントゲン検査により軟骨の摩耗や骨棘ができていないかなどを確認することで診断します。また、この疾患は関節リウマチとは異なるため、場合によっては鑑別診断を行うこともあります。

 

【治療とリハビリテーション】

基本的には保存療法で経過を観察していきます。痛みのあるDIP関節に対しては外用薬などの消炎鎮痛剤やテーピングなどを使用し、痛みが強い場合には関節ステロイド注射を行うこともあります。手術を行うことはまれですが、関節の変形が重度で、日常生活に大きな支障が出てしまっている場合には手術を検討することもあります。手術方法としては、「関節固定術」や「関節形成術」などがあります。

 

日常生活では、指に負担をかけるようなことはなるべく避けるように心がけましょう。特に重たいものを持つ動作や、瓶のふたを開けるなど指の力を使う動作などは特に避けるようにして、もしもご家族の方がいらっしゃるようであれば、そういった作業はなるべくご家族の方に頼むようにしましょう。また、痛みが慢性化してしまっている場合には、血液の循環改善や痛みの緩和のために、なるべく温めた方が良いかと思われます。しかし、痛みがあるからといって過度に安静にしすぎてしまうと関節可動域の制限や握力の低下、さらには痛みを悪化させてしまう可能性もあるため、無理のない範囲内で指を動かすのは大事なことです。

pagetop