ご予約・お問合せ
045-331-3296
MENU

医院ブログ

Blog

ブログ

病気について

スタッフブログ

web予約

上腕骨外側上顆炎

【概要】

上腕骨外側上顆炎は、テニスのバックハンドストロークが原因で発症することが多いことから「テニス肘」とも呼ばれています。上腕骨の外側上顆という部位には手関節や指を動かす筋肉が多く付着していて、それらの筋肉に持続的なストレスがかかることで筋肉の付着部付近での微細な損傷や炎症が生じ、肘の外側が痛む原因になります。上腕骨外側上顆炎に対するテストには「chair test」や「thomsen´s test」などがあり、どちらも手関節に負荷をかけるテストです。これらのテストが陽性であれば、上腕骨外果炎の疑いがあると考えられます。

 

テニスをしている人たち

 

【原因】

上腕骨外側上顆炎は必ずしもテニスをされている方だけに発症するわけではありません。手関節を背屈方向に動かすことで前腕の伸筋群と呼ばれる筋肉に負担がかかります。手関節の背屈とは手首を手の甲の方向に返す動きのことで、実生活のなかでも頻繁に使われる動きの1つです。この動きは物を掴んで持ち上げたり、パソコン作業をしたりする動きにも含まれます。

 

パソコンをしている女性

 

痛みの原因となる主な筋肉には「短橈側手根伸筋」「総指伸筋」「尺側手根伸筋」とがあり、これらの筋肉の付着部の変性や微細損傷が生じることで痛みが起こります。また、肘関節の外側には滑液包があり、肘関節外側に付着している筋肉の緊張が高くなることで滑液包への圧迫や摩擦が強くなり、滑液包炎を引き起こしてしまう可能性もあります。

 

【治療とリハビリテーション】

保存療法では、前腕伸筋群に対する負荷を減らすためのバンドの使用、痛みを軽減させるための薬物療法、あるいはステロイドの局部注射などを行います。炎症が強いときには、まず安静にすることで炎症を落ち着かせることが大切です。そして、炎症が落ち着いてきたら運動療法や物理療法などのリハビリテーションを行っていきます。運動療法では、マッサージやストレッチングによる前腕伸筋群のリラクゼーション、筋力増強訓練などを行います。また、日常生活の中で手関節に負担がかかりそうな生活習慣に対して、なるべく負担がかからないような動作方法の指導を行います。

 

保存療法を行ってもなかなか治らない場合には、手術療法が選択されることもあります。手術方法には「Nirschl法」や「関節鏡視下手術」などの方法があります。Nirschl法では、変性してしまった痛みの原因となっている病巣部の切除を行います。また、関節鏡視下手術では病巣部に加えて肉芽組織や滑膜ヒダの切除を行うことで、経過も良好なケースが多いとの報告があります。

pagetop