ご予約・お問合せ
045-331-3296
MENU

医院ブログ

Blog

ブログ

病気について

スタッフブログ

web予約

半月板損傷

【概要】

半月板とは、大腿骨と脛骨という骨の間にある軟部組織で、膝関節の適合性向上、衝撃吸収、負荷の分散などの役割を担っている組織です。この半月板は若い方でもスポーツにより損傷する場合もあれば、加齢により徐々に微細な損傷が蓄積していくこともあります。

 

【原因】

半月板は膝が曲がった状態で捻るようなストレスが加わったときに損傷しやすい傾向にあります。半月板はどのスポーツでも損傷することはありますが、サッカーやテニス、バスケットボールなど切り返し動作により膝が捻れる機会の多いスポーツで発症しやすくなります。

 

サッカー

 

【症状】

症状としては、膝の曲げ伸ばしでのコキっとするような音や引っ掛かり感、運動時の疼痛あるいは膝崩れなどが生じることがあります。半月板には内側半月板と外側半月板とがあり、内側半月板を損傷した場合には前十字靭帯という膝の靭帯も同時に損傷するケースが多くみられます。また、半月板は表面には血行がみられますが、それより内側には血行がありません。そのため、半月板の深部を損傷した場合には自然回復は望めません。

 

【診断】

半月板損傷の検査は、徒手的検査によって膝の症状を確認して半月板損傷の疑いがあるようであれば、MRIでの検査により確定的な診断をすることができます。

 

【治療とリハビリテーション】

治療としては、半月板の安定性が良く日常生活に支障がない程度の損傷であれば保存療法で経過観察します。そのときは消炎鎮痛薬などによる痛みの抑制、大腿四頭筋訓練による膝関節の安定性向上などを図っていきます。リハビリテーションでは、痛みの状態に応じて非荷重での大腿四頭筋を主とした筋力トレーニングから開始し、徐々に荷重位でのトレーニングへと移行していき、最終的にはスポーツへの復帰も目指していきます。

 

大腿四頭筋の訓練

 

半月板の損傷が大部分にわたり、半月板が不安定な状態となり、膝の不安定性やなかなか改善しない疼痛を生じてしまっている方に対しては、手術を選択することもあります。半月板損傷の手術では、主に内視鏡による半月板切除術や半月板縫合術などが行われます。基本的には部分切除で、全切除は避ける方向で手術は行われます。しかし、半月板を切除した場合は長期的にみると変形性膝関節症の発症リスクを高めてしまうことが考えられます。さらに前十字靭帯も損傷しているでは、スポーツ活動などにより関節症の進行を早めてしまう危険性があります。手術を検討される際には、年齢や活動性など個人因子について十分に考慮した上でどされるかを、医師と相談されてみた方が良いかと思います。

pagetop