ご予約・お問合せ
045-331-3296
MENU

医院ブログ

Blog

ブログ

病気について

スタッフブログ

web予約

変形性腰椎症

【概要】

変形性腰椎症とは、加齢によって椎間板が加齢によって徐々につぶれてきてしまい、それに伴い腰の痛みが生じるものです。椎間板とは背骨の間にあるクッション状のもので、背骨全体の可動性を担ったり、衝撃を吸収したりする働きがあります。この椎間板が狭くなってしまうことで、椎間関節や靭帯にも退行性変化をきたし、さまざまな症状を引き起こします。

 

椎間板の中央には髄核というゲル状の組織があります。椎間板が加齢によって変性を生じると椎間板の厚みが薄くなってきてしまい、それによって椎間板の中央にある髄核は周辺に向かって膨隆してしまいます。また、椎間板が薄くなってくると椎間関節にかかる負荷も大きくなり、骨硬化や骨棘の形成といった変形性関節症でよくみられる退行性変化をきたすようになります。また、腰椎周囲の靭帯にも変性をきたすようになり、靭帯が厚く硬くなってくることで、腰の神経を刺激するような症状が出現することもあります。変形性腰椎症の痛みの特徴っとしては、腰が重だるいといった鈍痛のような痛みが主となります。特に動き始めで痛みが生じることが多く、動いているうちに徐々に痛みが緩和されていくのも特徴の1つです。

 

腰を痛がる中年女性

 

【治療とリハビリテーション】

保存療法としては、症状によって非ステロイド性抗炎症薬や筋弛緩薬、ブロック注射などの治療を行います。また、リハビリテーションでは温熱療法や腰部のストレッチング、筋力増強訓練などを行い、腰部の安定性向上を図っていきます。腰部のストレッチングは発痛物質の循環改善による疼痛緩和や、腰部の柔軟性改善による疼痛の再発予防などに対して有効です。筋力に関しては「インナーマッスル」と呼ばれる筋を強化させることで腰椎を安定させ、過度な物理的ストレスを軽減させます。

 

腹筋をする女性

 

また、変形性腰椎症の予防のためには、椎間板の退行性変化を抑えるための生活習慣が必要になってきます。椎間板は栄養状態が悪くなると退行性変化が生じやすくなるため、椎間板周囲の血行を良い状態に保つ必要があります。血行が悪くなってしまう原因としては、不良姿勢や運動不足が考えられます。姿勢が悪くなると腰背部の筋が緊張して血流が悪くなり、それに伴って椎間板周囲の血流も悪くなってしまう可能性があります。血流が悪い状態が続くと椎間板の栄養状態も悪くなり、加齢に伴って椎間板の退行性変化が進みやすくなってしまいます。また、運動不足でも腰背部の筋が働く機会が少ないことが原因で血流が十分に保たれず、椎間板の退行性変化を生じさせてしまう一因になります。そのため、椎間板の状態を健康に保つためには適度な運動や良い姿勢を保つことが大切です。

pagetop