ご予約・お問合せ
045-331-3296
MENU

医院ブログ

Blog

ブログ

病気について

スタッフブログ

web予約

手根管症候群

【概要】

手根管とは、手根骨と横手根靭帯(屈筋支帯)との間のトンネルのことです。そして、手根管症候群とは、その手根管の間を通る正中神経が圧迫されることで、正中神経領域の痺れや筋力低下などの神経症状が生じるものをいいます。

 

手根管症候群のイラスト

 

【原因】

手根管を形成する靭帯の肥厚、手根管内の浮腫や腫瘤などが原因として考えられています。男女比は女性が圧倒的に多く、女性ホルモンの乱れが手根管内の浮腫の原因として考えられています。その他の原因としては手の使い過ぎや外傷などがあり、関節リウマチや腱鞘炎の二次的な症状として発症する場合もあります。

 

【症状】

親指~薬指までの痺れ、親指と人差し指で「OKサイン」をつくるのが難しくなるなどの症状が出現します。日常生活上では、手や指を使う細かい動きが制限されることがあります。

 

手が痺れている女性のイラスト

 

【診断】

正中神経障害に対するテストとして「ファーレンテスト」や「ティネルサイン」などを行います。また、視覚的な所見として母指球の萎縮や指の動きに問題がないかを確認します。これらのテストが陽性で手根管症候群が疑われます。

 

正中神経の神経伝達速度検査や筋電図検査を行い、手根管症候群の確定や障害の部位・程度を精査します。また、過去に手関節周囲の骨折の既往がある場合は、骨折後の変形治癒がないかをレントゲンで確認します。

 

【治療】

基本的に、まずは保存療法で症状の改善を図ります。安静やリハビリテーション、服薬(消炎鎮痛薬、ビタミンB12など)、手根管内へのステロイド注射などを行い経過を観察していきます。糖尿病や透析などを持っている場合は予後が不良となる場合が多くなります。

 

もしも保存療法で改善がみられず、母指球の萎縮など正中神経麻痺の症状が明らかであり日常生活で明らかに支障がある場合には手術を検討します。手根管症候群の手術は内視鏡で行われることが多く、手根管を広げたり腫瘤を取り除いたりするものがあります。

 

【リハビリテーション】

リハビリテーションでは前腕や手・指などの筋肉のストレッチを行います。腱の滑走性が悪くなっていることもあるので、滑走性を改善させるためのグライディングエクササイズというものも行います。また、正中神経が圧迫されていることによる筋力低下もみられるため、手首や手指の筋力を回復させるためのトレーニングを行います。

 

日常生活においても手や指の使い方には注意が必要で、片手でフライパンや鍋などを持ったり、長時間拭き掃除をしたりすると手根管症候群の症状が悪化してしまうことがあります。なるべく患側の手だけに負担をかけないように両手で行う、長時間の手作業は避けるかあるいは適度に休憩をとるなど、手首への負担を考えながら日常生活を送るようにしましょう。

pagetop