ご予約・お問合せ
045-331-3296
MENU

医院ブログ

Blog

ブログ

病気について

スタッフブログ

web予約

股関節唇損傷

【概要】

股関節唇とは、股関節を形成している骨盤側の受け皿部分を取り巻く軟部組織のことです。また、股関節唇があることで股関節の被覆面積は増大し、安定性が確保されます。その股関節唇が損傷してしまうと股関節の安定性や衝撃吸収能が低下してしまうため、正常な股関節の動きができずに疼痛や活動制限などの問題が生じます。

 

股関節唇のイラスト

 

【原因】

激しいスポーツが原因で生じることが多く、他にも転落や転倒で受傷してしまうこともあります。また、特に傷めたわけでもないのに股関節唇損傷が生じてしまう場合もあります。

 

股関節唇損傷の原因1つとして、大腿臼蓋インピンジメントと呼ばれる病態があります。これは、大腿骨頭と呼ばれる骨の部分と、受皿である骨盤側の部分が骨の形態異常や過剰な骨運動などにより骨同士が衝突してしまうものです。これにより股関節唇はストレスを受けて、損傷が生じてしまいます。

 

【症状】

股関節を動かすときに引っ掛かりが生じたり、痛みを感じたりするようになります。また、股関節を深く曲げにくくなり、靴下を履いたり足の爪を切ったりするのが難しくなることもあります。

 

股関節に痛みがある高齢女性

 

【診断】

理学的所見では股関節唇損傷の疑いがないかをチェックします。股関節唇損傷に対する主なテストとしては以下のようなものがあります。

 

・Anterior impingement test:股関節を深く曲げたときに、股関節前方の痛みが誘発されれば陽性

・Patric test(Fabere test):あぐらのように股関節を開くような姿勢で痛みが誘発されれば陽性

 

レントゲン検査では、関節唇の状態の詳細は把握できませんが、骨折の有無や骨形状が股関節周囲組織にストレスをかけていないかなどの確認のためにも、まずはレントゲン検査から行われるのが一般的です。MRI検査では股関節唇の損傷の有無や程度などを把握します。

 

【治療】

股関節唇損傷の治療には保存療法と手術療法があります。保存療法ではリハビリテーションを基本として行い、疼痛管理として消炎鎮痛剤の服薬や局所麻酔及びステロイド注射などを行います。

 

手術療法では、侵襲の小さい方法の1つとして関節鏡視下術が行われます。股関節の外側から内視鏡をいれて股関節唇の損傷部位を切除あるいは縫合し、骨との衝突(インピンジメント)が生じている場合には骨膨隆部を切除することもあります。

 

【リハビリテーション】

保存療法のリハビリテーションでは股関節の痛みが強いときには安静を基本としますが、安静時や夜間の痛みが気になる場合にはポジショニングの指導を行い疼痛の管理を行います。そして、安静時の痛みが落ち着いてきたら関節可動域訓練や筋力トレーニングなどを行い骨盤帯-股関節の安定性を高めていきます。

 

手術療法後のリハビリテーションでは、初めは痛みのコントロールを行いながら、愛護的な関節可動域訓練や低負荷での筋力トレーニングなどから開始します。組織の修復に伴い、より強度の高い筋力トレーニングやバランストレーニング、スポーツ活動に伴う動作練習などを取り入れていきます。

pagetop