ご予約・お問合せ
045-331-3296
MENU

医院ブログ

Blog

ブログ

病気について

スタッフブログ

web予約

腓骨骨折(ひこつこっせつ)

【腓骨骨折の病態】

膝から下には2本の骨があり、内側が脛の骨『脛骨(けいこつ)』、外側が外くるぶしのある『腓骨(ひこつ)』と言います。腓骨骨折は転倒・転落で足首を強打した又は強く捻った際などに足首付近(外くるぶしの上下)で起こる事が多く、受傷すると痛みにより歩行困難となります。単純に骨折しているだけでなく、脛骨と腓骨、腓骨と足部の靭帯も損傷している可能性もあるので、受傷後は必ず整形外科に受診しましょう。

 

 

下腿の骨

 

【腓骨骨折の診断】

骨折はレントゲンにて診断可能です。しかし、精査が必要な場合はCTや超音波検査などを行う事とがあります。特に微細な骨折や靭帯損傷はレントゲンでは写りません。捻挫しただけと思っていたら痛みが引かないので受診してみると、脛骨骨折をしていたという例もあります。特にお子様の捻挫は腓骨の剥離骨折を伴ている場合がありますのでご注意下さい。

 

【腓骨骨折の治療】

骨折の程度が酷く、ズレてしまう可能性が高い場合は、プレートやボルトで固定する手術を行います。手術の必要が無いものはギプス・シーネ固定で外来通院となります。骨折した骨は、早いうちに位置を修正して固定しないと『偽関節』と言って不安定な骨になってしまうので、固定期間や免荷期間(体重を乗せてはいけない時期)はしっかりと守りましょう。当院では手術を行っていないので、手術適応の方は大きな病院へ紹介致します。手術の必要が無い方は固定・免荷を行い、骨の再生を促す「治療用の超音波」を用いて積極的な回復を促してゆきます。

 

下腿ギプス固定

 

【腓骨骨折のリハビリテーション】

『骨がくっつけば自然に歩けるようになる。』と思っている方がとても多いですが、実はそう簡単にはいきません。固定している間に関節は固まり、筋力は落ちてゆきます。しっかりと計画的に荷重量(体重をかけて良い量)の調整、足趾・足関節の柔軟性向上、足趾・足関節の筋力向上を行うことによりスムーズな日常生活・スポーツへの復帰が可能となります。医師の指示が出てから早期に可動域の回復を行っていかないと、後になってはなかなか柔軟性の回復は困難です。

骨折・靭帯損傷の程度や年齢により回復の過程は異なります。回復へ向けて一緒に治療を行っていきましょう。

pagetop