ご予約・お問合せ
045-331-3296
MENU

医院ブログ

Blog

ブログ

病気について

スタッフブログ

web予約

腰椎椎間板ヘルニア

【概要】

腰椎椎間板ヘルニアとは、腰椎の椎間板と呼ばれる組織の中にある髄核という部分が後方に飛び出してしまい、腰の脊髄神経が圧迫されてしまうことで生じます。椎間板は20歳前から加齢による変化が徐々に始まり、好発年齢は20~30代とされています。発症の主な原因としては、急に加わる強い外力や、繰り返し加わる軽い外力などがあります。また、もともと椎間板の脆弱化や水分減少などがみられる場合、腰椎椎間板ヘルニアを発症するリスクは高くなります。日常生活で急に発症することの多い場面として例を挙げると、重たいものを持ち上げたときやくしゃみをしたときなどに起こりやすいとされています。

 

椎間板ヘルニアのイラスト

 

【症状】

主な症状としては、主に腰痛、下肢の痛みやしびれ、筋力低下などが生じ、圧迫される神経の場所によって現れる症状は変わってきます。L5-S1領域の神経根が障害された場合には、足関節や母趾の底背屈筋力の低下がみられ、膀胱直腸障害もみられることがあります。L2-4領域で神経根が障害された場合には、腹部、太ももの前面、膝に至るまでの痛みやしびれがみられ、筋力ではももを上げる筋肉や膝を伸ばす筋肉が働きにくくなります。通常、腰椎椎間板ヘルニアは後外側に髄核が移動して腰の神経を圧迫することで生じます。

 

【診断】

レントゲンでは、椎間板の厚みや椎体の不安定性などはわかりますが、神経の詳しい状態まではわかりません。そのため、MRIによりヘルニアタイプの診断を行います。

 

【治療とリハビリテーション】

保存療法としては、鎮痛剤や筋弛緩薬、神経根ブロック注射、硬膜外ブロック注射、リハビリテーションなどを行います。腰椎椎間板ヘルニアでは体幹を屈曲すると椎間板に圧がかかり、椎間板内の髄核が後方に飛び出しやすくなってしまいます。そのため、リハビリテーションでは体幹の筋力トレーニングや、股関節や体幹の柔軟性を改善させることで、腰椎への過度な動きを軽減させます。また、日常生活で腰にどのような負担がかかっているのかを把握して、腰椎椎間板ヘルニアを再発させないような動作方法を獲得することも大切になってきます。

 

ブリッジをする女性

 

ハムストリングスのストレッチ

 

保存療法でも約半数の方が2週間程度で軽快することが多く、約7割の方が6週間程度で軽快することが多いとされています。ヘルニア腫瘤が後縦靭帯という椎体の後方にある靭帯を突き破っていれば、自然に吸収される可能性が高くなるとされています。手術による治療もあり、膀胱直腸障害が生じた場合や、スポーツをしている方が早期復帰を希望されている場合などに手術適応となることがあります。方法としては上下の椎体を癒合させたり、ヘルニアが生じた部位を取り除いたりするようなものがあります。

pagetop