ご予約・お問合せ
045-331-3296
MENU

医院ブログ

Blog

ブログ

病気について

スタッフブログ

web予約

足底腱膜炎

【概要】

足底腱膜炎は、足の裏(土踏まず~踵)が痛くなる疾患です。「朝寝起き時の一歩目」「長時間座っていた後の動き出し」「スポーツ中・後」などの痛みが特徴的で、状態によっては半年以上たっても改善しない例もみられます。足底腱膜とは、踵の骨から足の指の骨まで付着している腱膜のことで、ウォーキング・ランニング・ジャンプ動作をする際に、スプリングのように足裏からアーチを作って支えてくれている腱膜です。スポーツ動作を繰り返すことにより、ここに過度な伸張ストレスがかかり、足底腱膜の微細な損傷・炎症・変性が起こることで痛みを発症します。

 

ジョギング

 

【診断】

足裏(土踏まず~踵)が痛くなる、特に「動き出しの一歩目が痛いが、動き出すと楽になる。でも動き過ぎるとやっぱり痛みが強くなる。」という症状の場合は、足底腱膜炎の可能性が高いです。症状が悪化すると、「痛くて足がつけない。安静にしていても痛い。」ということもあり得ます。レントゲンでは「骨棘(こつきょく)」という骨のトゲが写ることがありますが、足底腱膜の状態ははっきりわかりません。当院では超音波画像診断を併用することにより、足底腱膜の肥厚(ストレスをうけて分厚く変性している状態)を確認し診断します。

 

足底腱膜炎

 

【治療とリハビリテーション】

症状が酷い場合には注射をすることもありますが、一般的には局所の安静と適切なリハビリテーションが中心となります。リハビリテーションを行っても中々改善しない難治性の場合や一刻を争うアスリートの場合は「体外衝撃波」という物理療法を行う場合もあります(当院では取り扱っておりません)。

安静・湿布・注射・対外衝撃波で痛みを軽減させることは非常に重要ですが、それだけでは「痛みをぶり返す」ことがあります。そもそも「足底腱膜の損傷・変性」が起こる原因は「足裏への負担のかけ過ぎ」が原因の為、その原因を取り除く必要があります。足裏への過負荷の主な原因は①体重の増加②加齢による耐久性低下③足部安定性の低下(偏平足・回内足)④足部の柔軟性低下(ハイアーチ)⑤足裏を叩きつけるような歩き方・走り方⑥スポーツのし過ぎなどで、これらが組み合わさっていることが多いです。リハビリテーションではそれぞれの原因に対処することが必要ですが、例えば①食事改善&足部に負担をかけ過ぎない運動②耐久性に見合った運動&インソール・靴の見直し③段階的な足部の筋力強化&インソール・靴の見直し④足裏・アキレス腱の柔軟性向上⑤重心の位置・動作改善⑥練習量の調整などが考えられます。

まずは局所の安静とアキレス腱(ふくらはぎ)のストレッチを行ってみて下さい。お困りのことがありましたら、悪化する前に一度受診してご相談下さい。

pagetop