ご予約・お問合せ
045-331-3296
MENU

医院ブログ

Blog

ブログ

病気について

スタッフブログ

web予約

足根管症候群

【概要】

足関節の内側後方には足根管というトンネルがあり、そこを脛骨神経、後脛骨動静脈、後脛骨筋腱、長母指屈筋腱、長趾屈筋腱が通っています。この足根管が絞扼を受けることで、神経症状や筋力低下などを生じるものを足根管症候群といいます。

 

【原因】

主な原因はガングリオンや神経鞘腫などの腫瘍性の病変によるもので、他にも足根骨癒合症や外傷、変形や動脈硬化、あるいは仕事やスポーツなどで慢性的にストレスがかかることで発症することがあります。

 

【症状】

主な症状は足裏の痺れや感覚鈍麻、痛みなどです。また、筋力低下が生じることもありますが、自覚症状はほとんどありません。

足根間症候群の女性のイラスト

【診断】

臨床所見として足の裏の感覚、足根管部の圧痛、ティネル徴候などを確認します。ティネル徴候とは、神経が障害されている部位を軽く叩くことで、それより末梢に痛みや痺れが生じるものです。足根管症候群の場合、ティネル徴候が陽性であれば踵や足の裏に痛みや痺れが生じます。また、神経の圧痛部位に局所麻酔注射を打って、症状が軽くなれば診断はほぼ確定となります。

 

【治療】

足根管症候群の治療は、原則として保存療法で行います。ビタミンB12やNSAIDsなどの薬物療法やステロイドの局所注射などを行い、症状の改善を図っていきます。保存療法を継続してもなかなか症状が緩和しない場合には手術を行い、神経を圧迫あるいは絞扼している腫瘍などの組織を除去する場合があります。ただ、長い間神経が圧迫されている症例では、疼痛は改善されても痺れが残ることがあります。

 

【リハビリテーション】

足根幹症候群のリハビリテーションでは、足根間を通っている神経への圧迫を軽減させることを主な目的として行います。運動療法だけでは改善困難な場合もありますが、症状を緩和させることができる可能性のあるケースとしては、浮腫や足根間周囲組織の滑走性の低下、足部アライメントの不良などが要因として挙げられる場合です。

 

浮腫に対しては徒手的なマッサージやポジショニングを行うことで、浮腫を軽減させます。また、足根間周囲組織の滑走性低下に対しては、関節モビライゼーションやストレッチングなどで滑走性の改善を図ります。そして、足部のアライメントで土踏まずの部分が落ち込んでしまっている場合には、足関節周囲筋のトレーニングやインソールの処方などを行い、足部のアライメントを整えることで足根間にかかるストレスを軽減させます。

 

インソール(フォームソティックス)

pagetop