ご予約・お問合せ
045-331-3296
MENU

医院ブログ

Blog

ブログ

病気について

スタッフブログ

web予約

頚椎症性頚髄症

【概要】

頚椎症による骨の変形や椎間板の変性などにより、頚椎に通っている脊髄が椎間板や骨棘などに圧迫されることで、腕や手への痛みやしびれ、手指の動きなどが障害されます。ただ、頚椎の変形が軽度で神経の圧迫も軽ければ自覚症状がないことも少なくありません。しかし、自覚症状がでたときには頚椎の変形が重度になってしまっていることもあります。

 

【原因】

加齢によって生じる頚椎の変性が主な原因として考えられています。また、繰り返しの首を反る動きや猫背などの不良姿勢により、首に継続的な負担がかかることも原因の1つとしてあげられます。さらに神経の圧迫が重度になると、「膀胱直腸障害」といって尿を排泄するためのコントロールが難しくなることがあります。

 

パソコンをしている猫背の男性

 

【症状】

頚椎の間を通っている神経が圧迫を受けると、主に腕や手の痛み、しびれ、細かい動きなどが難しくなります。また、歩くときに足がもつれたり、階段の上り下りが難しくなったりすることもあります。さらに、転倒してしまうことで症状が悪化してしまう可能性があるため、変形性頚髄症がある方は転倒への注意が必要です。

 

【診断】

レントゲン検査にて、頚椎椎間関節の狭小化や骨棘が形成されていないかなどを確認します。そして、神経の圧迫はMRI検査を行うことで確定診断します。

 

【治療】

神経症状が強い場合には、頚椎カラーを装着して安静にすることもありますが、長期的に頚部を固定してしまうと関節可動域制限や筋力低下など二次的な障害を引き起こしてしまう可能性があるため、長期ではなるべく使わないようにします。また、痛みを抑えるために消炎鎮痛剤や神経痛にたいする薬を服用することで、痛みの緩和を図っていきます。

 

【リハビリテーション】

頚部の牽引や温熱療法などの物理療法を行うことで神経の除圧や血流改善を図り、神経症状を緩和させます。また、理学療法で頭頚部のアライメントや姿勢の改善を図っていきます。変形性頚頚髄症では、首を過度に曲げたり伸ばしたりすることで病状が悪化してしまう可能性があります。そのため、なるべく首に負担がかからないような姿勢を保つための関節可動域訓練や筋力トレーニングを行います。

 

姿勢の良い女性

 

デスクワークなど、座っているときに背中が丸くなってしまう方は少なくないかと思います。そういった姿勢を日常的にとることで、若い方でも将来的に変形性頚髄症になってしまう可能性がありますし、すでに発症している方にとっても首に大きな負担となります。そのようにならないために、生理的な脊柱の形状を保つための下肢・体幹のストレッチングや姿勢指導なども行います。

pagetop