ご予約・お問合せ
045-331-3296
MENU

医院ブログ

Blog

ブログ

病気について

スタッフブログ

web予約

頚部脊柱管狭窄症

【概要】

脊柱管狭窄症は腰部で生じることが多い疾患ですが、腰に次いで発症することが多いのが頚部です。脊柱管には脊髄という神経が通っていて、その通り道が狭くなることで神経症状をきたす疾患のことを脊柱管狭窄症といいます。脊柱管は脊柱のカーブが前弯することで狭くなるという特徴があり、頚椎と腰椎ではもともと生理的に前弯しているため、それからさらに椎間板や靭帯あるいは椎間関節が変性することで神経の狭窄が強くなり、首の痛みや神経症状を呈するようになります。

 

【原因と症状】

主な原因は加齢によるものであり、頚椎周囲の軟部組織である「椎間板」「後縦靭帯」「黄色靭帯」などが首の神経を圧迫してしまうことで生じます。神経症状としては、手や指の痺れ、細かい動きが難しいなどの症状を引き起こすことがあり、筋力低下も生じるため徐々に物を持つのが難しいといった症状もでてくることもあります。

 

首を痛がる中年男性

 

【診断】

レントゲンでは椎体や椎間関節が狭くなっていないかを確認して、もしも骨同士が狭くなっているようであれば頚部の脊柱管も狭くなっている可能性が考えられます。また、MRIでは椎間板の膨隆や神経の圧迫状態まで明確に確認できるので、確定診断のためにはMRIが用いられます。椎間板や靭帯などの変性により一度狭くなってしまった脊柱管は根本的に改善することは現代の医学では難しいため、いかに病状の進行を抑えるかが大切になってきます。

 

【治療とリハビリテーション】

保存療法では薬物療法や神経ブロック注射、リハビリテーションなどの治療を行い、それらの治療があまり有効でなかった場合には手術療法が選択されることもあります。手術療法では「頚椎前方固定術」や「椎弓形成術」といった方法があり、いずれも圧迫されている神経に対しての圧を逃がしてあげるために行います。脊柱管の特徴として、頚椎の前弯が強くなると脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されやすい状態となってしまうため、リハビリテーションではいかに頚椎の過度な前弯を抑えるかがポイントになってきます。

 

パソコンをしている猫背の男性

 

よくある問題点として、猫背姿勢により頚椎の前弯が強くなることが挙げられます。頚椎はすぐ下にある胸椎の形状からの影響を受けやすく、胸椎の後弯が強くなれば前後のバランスをとるために頚椎の前弯が強くなります。このことからもわかるように、頚椎のストレスを減らすためには骨盤-腰椎-胸椎から姿勢を改善していかなければ症状の改善は難しくなります。運動療法では、姿勢改善のための体幹の可動域訓練及び筋力トレーニング、頚部の安定性向上のための筋力トレーニングなどを行い、症状の軽減を図っていきます。

pagetop