横浜市保土ヶ谷区の内科・整形外科・緩和ケア・在宅医療 医療法人社団晃徳会 横山医院
横山医院Facebook
横浜市保土ヶ谷区の内科・整形外科・緩和ケア・在宅医療 医療法人社団晃徳会 横山医院twitter
横浜市保土ヶ谷区の内科・整形外科・緩和ケア・在宅医療 医療法人社団晃徳会 横山医院 電話番号

新人歓迎会しました!

カテゴリー:横山医院ブログ|更新日時:2018年10月11日

横山医院で働く新しい仲間が増えました! 看護師、理学療法士、事務さんなどなど・・・ みなさん明るくて元気でやる気のある人たちばかりで、職場の雰囲気もさらに良くなってきました! これからも地域の皆様の健康を支えるために職員一同頑張っていきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします   また横山医院では現在も、理学療法士・看護師・医療事務の募集を行ております。 整形外科・リハビリテーション(外来・訪問・通所)・訪問診療に興味のある方はお気軽にご連絡ください。   横浜市保土ヶ谷区の整形外科・リハビリテーション科・内科・訪問診療 横山医院

掲載されました。

カテゴリー:横山医院ブログ|更新日時:2018年8月1日

緩和ケア内科 横山太郎です。 いろいろな方のご支援もあり、アラバマ大学の視察を行うことができました。 訪問診療をしていて、病気ではなく健康を見ることの必要性を強く感じています。 長寿だけではなく健康に過ごせる街に出来るよう日々精進していきたいと思います。 訪問看護介護と言う専門書ではありますがお手にとっていただけたら幸いです。 横山医院の診療は病気だけでなくその人の心身ともに健康に過ごせるように食事や運動などのアドバイスにも力を入れてます。 どうぞよろしくお願いします。 質と言う意味でも量と言う意味でも、また病気ではなく健康をみると言う意味でも、これからの医療の形は変わってくると思います。 そんなことを書いてみま…

今井地域ケアプラザでの“医療と介護を考える会”で講演しました

カテゴリー:横山医院ブログ|更新日時:2018年6月25日

2018年6月22日 医療と介護を考える会 今井地域ケアプラザでの“医療と介護を考える会”で講演しました。 講演のタイトルは、フレイルとリハビリの重要性 フレイルは比較的新しい概念で、聞きなれない方もいらっしゃるかと思われます。 虚弱とも訳されることもありますが、簡単に説明すると、健康な状態と要介護状態との間で、適切な治療・介入をすることにより健康な状態に戻りうる段階のことです。 また、フレイル高齢者は、ちょっとした出来事(転倒、骨折、入院、風邪など)がきっかけで容易に要介護状態になってしまうのも特徴です。 フレイルは身体機能の面だけで考えるのではなく、心理的・社会的な面も考えることが重要です。当院は整形外科クリ…

神奈川の地域医療を考える会のお知らせ

カテゴリー:横山医院ブログ|更新日時:2018年5月20日

蒸し暑くなってまいりましたが、お元気にお過ごしですか。 神奈川の地域医療を考える会のお知らせです。 勉強会は6月1日(金曜日)です。 昨今、がんや認知症といった慢性疾患が主体となり、 我々は病気に向き合うだけでなく、患者さんの生活も見ていかなければなりません。 WHOの健康の定義でも、健康とは肉体的、精神的、そして社会的に完全な状態 と言われています。この社会的な部分をよくするためには教育が重要です。 前々回は社会教育施設である公民館のリデザインについて勉強しました。 そのような中で、今回は中学・高校教育は今後どう変わるかというお話を いただこうと考えました。 そこで6月は聖光学院中学校・高等学校校長 工藤 誠一…

日経メディカル×DtoD総合メディカル のCadetto.jpに掲載されました

カテゴリー:横山医院ブログ|更新日時:2018年5月8日

当院の横山 太郎医師のインタビューが日経メディカル×DtoD総合メディカルのCadetto.jpに掲載されました。 掲載内容はこちら➡︎http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/cadetto/ 緩和ケア病棟の緩和医が在宅医療・在宅緩和をはじめた理由。 社会活動と臨床の接点を語りました。 また、現在一緒に訪問を行う看護師さんを募集しています。ご連絡ください! 保土ヶ谷区、横浜市、神奈川県、日本、アジア、世界の緩和医療を一緒によくしていきましょう!!!

“元気なうちから寝たきり予防、ロコモティブシンドローム” 勉強会を開催しました

カテゴリー:横山医院ブログ|更新日時:2018年3月29日

横山医院 整形外科 横山 正です。 2月末に、ご縁があって明神台団地のひだまりサロンで勉強会を開催しました。 題名は“元気なうちから寝たきり予防、ロコモティブシンドローム”です。   みなさんロコモティブシンドロームは聞いたことがあるでしょうか?? 運動器症候群と日本語訳されます。運動器の疾患によって移動能力が低下し最終的に寝たきりになってしまう状態のことです。   寝たきり(要支援・要介護)の大きな原因の一つである、運動器(体を動かす臓器、例えば骨・関節・神経・筋肉など)の疾患について予防から治療まで簡単な勉強会を市民向けに行いました。 大事なのは適切な運動習慣・栄養摂取・日常生活です。また…

絵本作家と対談します

カテゴリー:横山医院ブログ|更新日時:2018年3月24日

2018年4月から、2019年3月までの1年間。 毎月、絵本作家がお父さん達と対談します。 シゴトの話、イクジの話、時々フウフの話。 ただただ、お父さん達の話を聞くだけの日。 そんな日が、月に1回あっても良いでしょ。 絵本作家が今、とにかく話を聞いてみたい。 そんな12人のお父さんに声を掛けました。 12人のお父さん達を集めるために、結果 12人のお父さんにしか声をかけてない(笑) 皆さん本当に快く引き受けてくれました‼‼ そして、絵本作家 保科琢音が対談して頂く… 12人のイクメンじゃなく(笑)イケメンお父さん達が… コチラ‼‼ ーーーーーーーーーーーーー…

3月23日朝日新聞に掲載されました

カテゴリー:横山医院ブログ|更新日時:2018年3月23日

「超高齢社会について中高生と学ぶ緩和ケア医 」として、3月23日の朝日新聞に掲載されました。 お是非ご覧ください。  

2月18日勉強会に参加してきました。

カテゴリー:横山医院ブログ|更新日時:

横山医院 整形外科 横山正です 2月18日勉強会に参加してきました。 今回の勉強会は“四肢の痛み・しびれに対する超音波ガイド下ハイドロリリース最前線” ここ最近ハイドロリリースって言葉を耳にする機会が増えてきていますが、原理など、いまだわかっていないこともたくさんあります。 今回の勉強会では、その病態生理から治療法まで、第一線で超音波を駆使して診療をおこなっている先生たちが講義をしていただきました。 非常に勉強になり明日からの診療に生かせそうな情報を得ることもできました。 肩こり、五十肩、腰痛、ひざ痛・・・ありとあらゆる痛みに超音波は有用と考えます。 これからも患者さんの痛みを少しでも改善できるように日々努力をし…

Co-Minkan活動が掲載されました

カテゴリー:横山医院ブログ|更新日時:2018年3月13日

みなさん。こんにちは。 緩和ケア内科・腫瘍内科の横山太郎です。 開業して3ヶ月がたちました。 今まで多くの時間を病院で過ごしていた自分としましては、 訪問診療をはじめ、訪問看護のかたや訪問介護のかた、ケアマネージャーのかたとの関わりが 濃厚になり、日々勉強の毎日です。 そして、日頃考えている市民と一緒に行う意思決定支援がなお一層大事だと感じている日々でもあります。 このたび「訪問看護と介護」にCo-Minkan活動が掲載されました。 是非、お手にとってもらえたら幸いです。    

© 2015〜 横山医院 All Rights Reserved.|管理者ログイン